薬剤科

Pharmacy

薬剤科のご案内

薬剤科の業務は、患者さんが安全で効果的に医療を受けるために、医薬品が適正に使用されるように管理することです。

そのために、処方箋に基づく調剤と鑑査、外来窓口や入院のベッドサイドにおける服薬指導、他の医療スタッフへの最新の医薬品情報の提供等の業務を行っています。

業務内容

主な業務について紹介します。

内服薬、外用薬の調剤業務

オーダリングシステムにて医師が処方入力した処方に基づき服用方法、飲み合わせ、副作用の確認を行い、処方鑑査後、患者さん1人1人に適した服用方法にて調剤を行います。また、iPodを用いた最新の調剤支援システムを2016年に導入し、調剤過誤の防止に努めています。医師の指示または希望される方には、自動錠剤分包機で1包化(錠剤を1回服用分毎に包装)をしています。また院外処方箋を希望される患者さんには、院外処方箋を発行しています。

注射薬調剤業務

入院患者さんの注射剤を、オーダリングシステムにて医師が処方入力した処方に基づき、投与量、投与方法、配合変化、患者さん毎の病態に合っているかの確認を行い、調剤、処方鑑査を行います。また、TDMを行い薬剤の効果的投与と副作用の予防に努めています。当院では処方内容毎に薬剤認証ラベルを添付し、患者さんへ使用する直前に薬剤と投与予定の患者さんを照合しており、安全面に配慮した薬剤の使用を行っています。

高カロリー輸液・抗悪性腫瘍薬の無菌調製業務

無菌性を要する高カロリー輸液や、調剤時に安全面に配慮が必要な抗悪性腫瘍薬はクリーンベンチや安全キャビネット内で混合調製を行っています。手術室で使用する麻薬の無菌調整また製剤業務にて、患者さんの検査や手術に必要な薬剤で市販されていないものは病院内で調製しています。

医薬品情報(DI)管理業務

医師、看護師、患者さん等からの問合せや薬剤情報、医薬品安全性情報等を提供しています。副作用情報の周知徹底や新しい医薬品の使用方法の伝達を行い、患者さんへの安全かつ適正な薬剤の使用を検討しています。
また、薬剤科内で定期的にカンファレンスを行い、知識の向上と問題点の共有化に努めています。。

病棟薬剤業務

全病棟へ薬剤師を配置して、ベッドサイドにて入院患者さんへの薬剤の用法、用量等の服薬指導を行い、副作用の未然防止、早期発見に努めています。一般病棟では、薬剤師の常駐を行い、質の高い医療を目標として、日々の業務を行っています。 また、TDM(血中濃度測定)の必要な抗菌薬については、すべて薬剤科でのシミュレーションにより提案、実施されています。また、当院は薬剤師外来を開設しており、外来薬剤師と病棟薬剤師の円滑な情報共有を行っています。

チーム医療の参画、各委員会への参加

各診療科の回診やカンファレンスに参加し、病状の把握、問題点の洗い出しを通して薬剤師としての意見を述べたり、薬学的提案を行っています。
また、栄養管理委員会、NST、感染対策チーム、褥瘡対策委員会、医療安全管理委員会、サービス向上委員会、クリニカルパス委員会、抗がん剤支援チーム等の一員として取組んでいます。各委員会に所属することで患者さんに適正でかつ安全な薬剤の使用を検討しています。。

医薬品管理業務

薬事審議会で薬品の採用・削除を検討して、適正な薬品管理を行っています。
また、病院内の各病棟、各部署での医薬品の管理を行い、適正な薬剤の使用に努めています。

人材育成

薬剤科では、薬剤師1人1人の知識の向上を行い、スペシャリスト育成のために認定薬剤師の取得、学会発表を積極的に取り組んでいます。

認定薬剤師

日本病院薬剤師会 日病薬薬学認定薬剤師
5名
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
4名
日本麻酔科学会 周術期管理チーム認定薬剤師
2名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師
1名
漢方薬・生薬認定薬剤師
1名
日本薬剤師会研修認定薬剤師
3名
実務実習指導認定薬剤師
2名
スポーツファーマシスト
1名
骨粗鬆症マネージャー
4名
AHA ACLSプロバイダー
2名
AHA BLSヘルスケアプロバイダー
2名
AHA BLSインストラクター
1名
AHA PEARSプロバイダー
1名
日本臨床救急学会 ICLS
3名
日本糖尿病療法指導士
1名
熊本県肝疾患コーディネーター
3名

学会発表

第24回医療薬学会年会(2014年)
整形外科、骨接合術後MRSA骨髄炎に対してリネゾリドが有効であった1症例

第76回九州山口薬学会(2014年)
周術期の眠剤服用によるせん妄への影響について

第76回九州山口薬学会(2014年)
持参薬ARBの熊本セントラル病院採用薬変更時におけるARB変更フローチャートの作成及びその評価

第25回医療薬学会年会(2015年)
中規模病院における薬剤師の手術室介入事例報告~PCA無菌調整業務の介入~

第26回医療薬学会年会(2016年)
整形外科術後におけるPCEAメニューの統一、及びその評価について

第78回九州山口薬学会(2017年)
当院における新規C型肝炎治療薬の導入・評価及び薬剤師の関わりについて

第78回九州山口薬学会(2017年)
地域包括ケア病棟における薬剤師の関わり

第78回九州山口薬学会(2017年)
当院におけるDLSTへの薬剤師介入の有用性について

第50回日本薬剤師会学術大会
周術期における睡眠導入剤服用患者のせん妄への影響について

第27回医療薬学会年会(2017年)
当院における薬剤師主導による周術期予防抗菌薬の適正使用についての取り組み

第79回九州山口薬学会(2018年)
糖尿病治療薬の2剤併用から配合錠への変更が血糖コントロールに与える影響

第79回九州山口薬学会(2018年)
在宅医療へと移行した癌ターミナル患者への薬剤管理指導の1症例

第28回医療薬学会年会(2018年)
当院における人工膝関節置換術に対する関節周囲カクテルの検討及び持続硬膜外麻酔との比較について

第28回医療薬学会年会(2018年)
当院におけるH.pylori除菌療法の現状

第29回医療薬学会(2019年)
中規模病院におけるリコンビナントトロンボモジュリン製剤の治療評価について
中規模病院における周術期薬剤師外来の開設とその取り組み

掲載雑誌・論文
栗崎貴啓:災害に直面し、その後薬剤師として思う事, 週間薬事新報, 3092, 379(2019)
栗崎貴啓:iPod touchを用いた調剤支援システムによる調剤過誤防止の実際と将来展開, 月刊新医療, 542, 42-45(2020)

診療科・部門紹介

外来受付時間

月〜金曜日 午前 8:30〜11:30
午後 1:00〜5:00
土曜日 午前 8:30〜11:30
休診日 日・祝・年末年始

地域連携室

096-285-5453

【医療・福祉機関の皆さまへ】
受診相談・転院相談はこちらまで
(受付時間は外来受付時間に準じます)

外来予約センター(再診のみ)

096-340-5550

付:13時30分〜17(平日のみ)
患・初診の方は直接お越し下さい

人間ドック・予防接種

096-285-5650

付:14時〜17(平日のみ)

代表窓口

096-340-5001

熊本県菊池郡菊陽町原水2921