健診センター

Medical checkup center

人間ドック 人間ドック健診施設 機能評価認定施設

コース・料金

人間ドック

所要時間
料金(税別)
検査項目
1日人間ドック
(日帰りコース)
午前半日
■胃カメラ
38,000円
■胃透視
36,000円
身体計測、眼科、呼吸器系、消化器系{上部消化管内視鏡(胃カメラ)もしくは上部消化管X線(胃透視)の選択}、循環器系、腎機能、膵機能、糖代謝、脂質代謝、肝機能、痛風、血清反応、尿検査、保健指導、診察

※日本人間ドック学会が定めた基準検査項目をクリアしています。
2日人間ドック
(1泊2日コース)
2日
59,000円
日帰りドックの検査項目 + 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)、心臓超音波検査、糖負荷試験

1日人間ドック(日帰りコース)

1日でできるお手軽プラン

スケジュール
受付、問診、採血、心電図、身体計測、血圧、視力、聴力、眼底、眼圧、肺機能、腹部超音波検査
胸部レントゲン
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)又は上部消化管X線検査(胃透視)
診察、保健指導

2日人間ドック(1泊2日コース)

ゆとりあるスケジュールでじっくりプラン

スケジュール
1日目 2日目
受付、問診、採血、心電図、身体計測、血圧、視力、聴力、腹部超音波、肺機能、眼底、眼圧 血圧、体温、下剤服用
胸部レントゲン
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
診察、保健指導
糖負荷試験 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
心臓超音波検査 終了
終了
昼食
夕食後、就寝までに下剤服用

※1泊2日ドックのご宿泊先は近隣ホテルです。(ご希望の場合は送迎有)

※ご希望の方には経鼻内視鏡検査を行います。

脳ドック

所要時間
料金(税別)
検査項目
脳複合コース 午前半日
■胃カメラ
61,000円
■胃透視
59,000円
日帰りドックの検査項目 + MRI・MRA検査、頚動脈超音波検査、診察・保健指導

脳ドックをおすすめの方

  • 40歳以降の壮年、高年齢者。
  • 脳卒中を起こし易い危険因子を持っている方。
    例)高血圧症、脂質異常症、糖尿病、心臓病(弁膜症、不整脈、心房細動など)
  • 家族(特に1〜2親等)にクモ膜下出血・脳出血・脳梗塞等を起こした人がいる方。

以上の項目にあてはまる方は一度、脳ドックを受けてみませんか?
脳ドックでは、クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤、脳腫瘍、脳梗塞などを引き起こす動脈硬化等を発見できます。

レディースドック

所要時間
料金(税別)
検査項目
レディースドック 午前半日
■胃カメラ
48,000円
■胃透視
46,000円
日帰りドックの検査項目 + 乳がん検査(マンモグラフィ検査・乳腺超音波検査)、子宮がん検査(子宮頸部細胞診・経腟超音波・内診)、骨密度検査(骨粗鬆症検査)

早期乳がんに有用な検査(マンモグラフィー)

マンモグラフィー検査は乳房を圧迫板で押さえて撮影します。(個人差はありますが、痛みを感じる方もいらっしゃいます)
当院は、マンモグラフィー認定資格を習得した女性技師が検査をいたします。

「乳がんの検査をしたいけど、少し抵抗がある・・・という方でも女性技師が丁寧に対応します。この検査はレントゲン室で行います。羞恥心に配慮した部屋になっています。また、マンモグラフィーの読影・判定は、制度管理委員会認定医が行っています。

認知機能ドック

所要時間
料金(税別)
検査項目
認知機能ドック 1時間程度
30,000円
MCIスクリーニング検査・描写テスト

MCIスクリーニング検査

MCI(軽度認知障害)とは、認知症を発症する前の段階を指します。この段階では日常生活は問題なく送れてしまうため、見過ごしがちになってしまいます。しかし、そのまま過ごすと約5年でおよそ半数以上が認知症に進行すると言われています。
MCIスクリーニング検査は、簡単な採血検査です。血液内のアミロイドベータペプチド関連のタンパク質を調べることで、症状が出るよりも早い段階でMCIの可能性を判定することができます。MCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができます。

※早期に発見するためのスクリーニング検査ですので、本検査で「MCIの可能性がある」と判定された場合は、専門の病院を受診し、医師の確定診断を受けましょう。

オプション検査

料金(税別) 検査内容 お勧めの方
頭部MRI・MRA検査 20,000円 脳の断面を調べる検査です。体に負担のない安全な検査ですが、磁力を用いているので、体内に金属がある方、入墨、弊所恐怖症の方等は撮影できません。
予約時にご確認をお願いします。
  • 危険因子をお持ちの方(高血圧や脂質異常症、糖尿病、肥満、喫煙、ストレス)
  • 家族(特に1〜2親等)にクモ膜下出血・脳出血・脳梗塞等を起こした人がいる方
胸部CT検査 10,000円 胸部にX線を照射し、CT(コンピューター断層撮影)で胸部の断層写真を撮る検査です。
数秒の息止めで苦痛はありません。
  • 40歳以上の方
  • タバコの本数が多い方、咳や痰が多い方
  • 肺の病気が気になる方
  • 長年喫煙している方
頚動脈超音波検査 4,000円 仰向けに寝た状態で枕を外し、首の部分にエコーをあて検査をしていきます。動脈硬化の進み具合を知る事が簡単にできます。
  • 動脈硬化をおこす疾患(高血圧・糖尿病・脂質異常症など)を持っている方
  • ヘビースモーカー
  • 動脈硬化性疾患の家族歴がある方
骨密度検査
(骨粗鬆症検査)
2,500円 X線とコンピュータを使って大腿骨と腰椎を撮影し、その骨塩量を測る検査です。痛みはありません。
  • 女性、特に閉経後の方
  • 子供を母乳で育てた方、出産経験のない方
  • アルコールを常飲している方、ヘビースモーカーの方
  • 食生活が不規則・偏食の方
乳腺超音波検査 5,500円 検査部位にゼリーを塗り、プローブ(端子)を軽く押しあてて両方の乳房とリンパ節を検査します。
  • 親、姉妹に乳がん患者がいる
  • 初潮がかなり早かった
  • 食事が肉や動物性脂肪分の摂取が多い方
  • 30歳以上で出産経験がない
  • タバコを吸う・お酒を毎晩飲む
  • 閉経後の肥満、高身長
  • 運動不足
  • 40歳未満の方は乳腺が発達しているので乳腺超音波検査をおすすめします。
マンモグラフィー検査 5,500円 乳房を圧迫板で押さえて撮影します。片側の乳房を横と上から計2回撮影します。
婦人科検診 4,000円 経腟超音波検査、内診、子宮頸部細胞診の検査をします。
  • 20歳以上の方。

血液検査でわかる腫瘍マーカー検査

料金(税別) 主な部位
① AFP 3,000円 主に膵臓がん・胆道がんで陽性率が高く、胃がん・大腸がん・肝細胞がんでも陽性を示します。
② CA19-9 3,000円 膵臓がんや胆のう・胆管がんなどの消化器系のがん・肝細胞がんに対して、比較的特異性が高いといわれています。
③ CEA 3,000円 食道がん・胃がん・大腸がん・胆嚢がん・乳がん・肺がんなどで陽性を示しますが、消化器系の腺がんに陽性率が高くなります。
④ PIVKA-Ⅱ 3,000円 肝細胞がんに対して、比較的特異性が高いといわれています。
⑤ PSA 3,000円 前立腺がんに対して高値を示します。前立腺肥大症などでも高値になることがあります。

①〜⑤については、1項目:3,000円、2項目以上:2,500円/1項目につき(税別)

経鼻内視鏡は4.9mmの極細カメラ

経鼻内視鏡

今まで内視鏡検査(胃カメラ)といえば「苦しい」が代名詞でしたが、経鼻内視鏡(鼻から通す胃カメラ)を導入しております。

  1. 内視鏡挿入のための麻酔が少量ですみ、負荷が少なく安全です。
  2. 喉を通過する時の「おぇっ」となる嘔吐反射が少なく安全です。
  3. 検査の先生と会話ができ、納得のいく検査が可能です。
  4. カメラの径が細い分、視野が狭く所見を見落とす危険性もあると言われる医師もいます。
  5. 鼻血が出やすい方、鼻腔が曲がっている方、耳の病気のある方には不向きです。

その他の検査について

ABC検査(4,000円、税別)は、抗ヘリコバクターピロリ抗体検査でピロリ菌感染の有無およびペプシノゲン検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その二つの結果を組み合わせて胃がんのリスクを、A,B,C,Dの4群に分類します。

抗ヘリコバクターピロリ抗体検査

胃にピロリ菌が感染していないか調べる検査です。
ピロリ菌は胃粘膜にダメージを与え、さまざまな病気の引き金になると考えられています。

ペプシノゲン検査

胃粘膜の老化(萎縮)の状態を調べる検査です。胃がん検診にも応用されています。萎縮が進んだ胃は、胃がんになりやすいと言われています。

ABC分類 抗ヘリコバクターピロリ抗体検査判定
10未満(−) 10以上(+)
ペプシノゲン検査判定 (−) A B
(1+)〜(3+) D C

各群の内容

  • A群 ・・・ 健康的な胃粘膜で、胃疾患の危険性は低いと考えられます。
  • B群 ・・・ 消化性潰瘍などに留意する必要があります。
  • C群 ・・・ 胃がんの高危険群と考えられます。
  • D群 ・・・ 胃がんの、より高危険群と考えられます。

マンモグラフィ、胃透視装置が新しくなりました

マンモグラフィ装置

マンモグラフィ装置NEW

高画質で、日本人女性に多い高濃度乳房にも対応しています。
大胸筋に不要な力が入らず、圧迫の痛みを軽減する機能・デザインとなっています。

今までは約10分ほど検査にかかっていましたが、新装置では約4〜6分の検査時間となります。
撮影時に体に余計な力が入りにくく、上半身をゆったりとできますので、リラックスして検査を受けることができます。

胃透視装置 デジタルX線TVシステム

胃透視装置 デジタルX線TVシステムNEW

高画質と被ばく低減を両立させた装置です。
逆傾斜時や立位時の安全性を重視した機能を装備しており、ハンドグリップやフラットレストの安全性も強化しています。

FPD(フラットパネルディテクター)を搭載し、広範囲の透視が可能となり、とくに消化管検査においてハレーションのない高精細な画像が得られます。

人間ドックのお申し込み

人間ドックの受診をご希望の方は、お電話または下記のメールフォームよりご連絡ください。

※お申し込みフォームからのご連絡は、ご予約の確定をお約束するものではありませんのでご注意ください。
お申し込みの内容を確認後、当センターから改めてご連絡致しますので、メールアドレスやお電話番号に間違いがないようご注意ください。

お電話でのお申し込み
096-285-5650
メールでのお申し込み
人間ドックのお申し込み

お問い合わせ

健診センター

ご不明な点などございましたら、下記までご連絡ください。

【開所時間】

  • (月〜金曜日)8:00〜17:30
  • (土曜日)8:00〜12:30
  • (日・祝祭日)休み

健診センター

外来受付時間

月〜金曜日 午前 8:30〜11:30
午後 1:00〜5:00
土曜日 午前 8:30〜11:30
休診日 日・祝・年末年始

地域連携室

096-285-5453

【医療・福祉機関の皆さまへ】
受診相談・転院相談はこちらまで
(受付時間は外来受付時間に準じます)

外来予約センター(再診のみ)

096-340-5550

付:13時30分〜17(平日のみ)
患・初診の方は直接お越し下さい

人間ドック・予防接種

096-285-5650

付:14時〜17(平日のみ)

代表窓口

096-340-5001

熊本県菊池郡菊陽町原水2921