整形外科

Orthopedics

整形外科のご案内

四肢の外傷や関節、脊椎等の運動器におこるさまざまな疾患に対する治療を行います。

整形外科では、四肢の外傷をはじめ、腰痛や膝痛などの関節の運動器に起こる様々な疾患に対して治療を行っております。
外来は現在月曜から土曜まで、午前中(9:00〜11:30受付終了)のみの対応となっております。午後は整形外科医師全員で手術を行っているため、慢性疾患には対応できないことを大変申し訳無く思っております。骨折や脱臼などの緊急の症例の場合はこの限りではなく、可能な限り対応させていただきますので外来に一度問い合わせをお願いいたします。

手術については年間600〜700例行っており、年々増加傾向です。骨折に対する骨接合術をはじめ、膝痛の変形性膝関節症に対する鏡視下半月板切除術や人工膝関節置換術、肩痛の腱板断裂に対する鏡視下腱板縫合術、股関節痛の変形性股関節症に対する人工股関節置換術など様々な手術を行っております。専門的な技術が必要な手術については久留米大学の准教授、講師を招いて手術を行っておりますので大学レベルの手術が可能となっております。また非常勤医師による脳性麻痺や脳梗塞後遺症による四肢拘縮の機能改善を図る筋解離術を行っております。
人工関節の手術の際は、手術中に出血した血液を回収し浄化し患者自身へ戻す術式「自己血回収術」を行い、できるだけ輸血に頼らず輸血による様々なリスクの軽減を図っています。
また当科麻酔科医と術後疼痛管理について検討しており、人工膝関節置換術においては関節周囲多剤カクテル注射を術中に行うことにより術後疼痛を減らすことができ患者満足度も上がっております。
手術以外での入院症例としては慢性的な腰痛での腰部脊柱管狭窄症の急性増悪や軽微な外傷での「いつのまにか骨折」と言われる腰椎圧迫骨折なども増加傾向です。

入院加療において手術、薬物治療での疼痛コントロールと同じくらい重要なのがリハビリテーションです。当院ではリハビリスタッフ数も充実しており、またリハビリ室も非常に大きく、また設備も充実しております。医師と連携も密にとるため患者の問題点などを共有しスムーズなリハビリメニューが組めるように努力しております。

高齢社会の現在において、運動器疾患に対する治療は非常に重要であり、「健康寿命」を延ばすことにつながります。より良い医療を提供できるように、また地域医療に貢献できるように頑張ってまいります。四肢外傷はじめ、関節、脊椎などの痛みやしびれなど困った症状がある場合は気軽に整形外科へ御相談下さい。

手術症例件数

2019年度 述べ症例数(人)

骨折観血的手術 180
骨内異物(挿入物)除去法 74
整形外科的選択的痙性コントロール手術(OSSCS) 100
人工関節置換術 70
腱鞘切開術 43
人工骨頭挿入術 23
脊椎固定・椎弓形成術 15
手根管開放手術 15
半月板切除術 16
四肢切除術 10

スタッフ構成

井上 雅文

日本整形外科学会認定・専門医

胤末 亮

日本整形外科学会専門医

井戸川 友樹

日本整形外科学会専門医

池田 啓一

日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツ医

國武 真史

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について

診療科・部門紹介

外来受付時間

月〜金曜日 午前 8:30〜11:30
午後 1:00〜5:00
土曜日 午前 8:30〜11:30
休診日 日・祝・年末年始

地域連携室

096-285-5453

【医療・福祉機関の皆さまへ】
受診相談・転院相談はこちらまで
(受付時間は外来受付時間に準じます)

外来予約センター(再診のみ)

096-340-5550

付:13時30分〜17(平日のみ)
患・初診の方は直接お越し下さい

人間ドック・予防接種

096-285-5650

付:14時〜17(平日のみ)

代表窓口

096-340-5001

熊本県菊池郡菊陽町原水2921